奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 日本酒マメ豆知識<其の6>「日本酒の日」♪

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

日本酒マメ豆知識<其の6>「日本酒の日」♪

6回目を迎えました、マメ豆知識は、日本酒の日についてです♪何故この日を「日本酒の日」としたかについて、日本酒造組合中央会のHPより抜粋してご紹介させていただきます~

日本酒の日.jpg

中国古代の天文学、暦学から生まれた十二支は、本来、月のしるしで、日本では十二種の動物で表わされています。十二支の10番目の酉は、「トリ」と読まれていますが、もともと、酉の字は壺の形を表わす象形文字で、酒を意味しています。

 古くは一年の始まりは冬至に置いて、 10番目の酉の月はいまの9月末から10月の頃にあたっています。そして、新穀が収獲されて新酒が醸される月であったことを表わしています。すなわち、10月は古くから酒の月ということです。 いまでも10月は新穀が実る月であり、酒造りの始まる月であり、明治年間酒税法創設以来、10月から9月をもって酒造年度とされてきました。(現在は7月から6月)

こうした歴史を受けて、酒造家の中では10月1日を「酒造元旦」として祝う風習が残っているところもあります。

豊かな自然の恵みと日本人の知恵の結晶が日本酒であるともいえます。10月は全国各地に海の幸、山の幸があふれ、日本酒が本当に旨くなる月で、この月の1日を、「日本酒の日」と定めました。

日本酒造組合中央会HP  抜粋)

朝晩、肌寒くなってきて、そろそろ日本酒が恋しくなる季節となりました。10月1日にはおいしい日本酒を味わってみてください☆ 私どものおすすめは、ビンテージ純米酒ふた穂 雄町特別純米酒 2006年醸造」、「稲の国の稲の酒 特別純米酒 2006年醸造」です。冷良し、燗良しのお酒ですので是非、お好みの飲み方を見つけてみてください♪

営業企画部 S.H

choryo 09/09/29

コメントする