奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 「生もと造り」のようすです♪

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

「生もと造り」のようすです♪

今日は、伝統的な酒造法「生もと造り」のようすをお届けいたします♪ kimoto1.jpg  

ご存知の皆様も多いかとおもいますが、お酒の「酒母(もと)造り」には、「乳酸」が必須です。現在ほとんどのお酒は、「乳酸」を人為的に加える「速醸もと」ですが、この「乳酸」が自然に増えるのを待つ、昔ながらの酒造法を「生もと造り」といいます。

「生もと造り」の最大の特徴は、酒母を仕込んだ翌日に、「もと」を「擦る」作業があることです。

ご覧のように、桶に入れた「もと」をすりおろします。

kimoto4.jpg

kimoto3.jpg

kimoto5.jpg

酒母タンクにもどし、これから約一ヶ月、低温でゆっくりと乳酸の発生を促しながら「もとだて」していきます。

この間の作業内容にも違いがあり、「生もと」は「速醸もと」より、暖気樽の回数は3倍多く、また、期間も約2週間多くかかります。kimoto6.jpg

広報担当 K.T

choryo 10/01/13

コメントする