奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 猛暑対策には、鰻と樽酒♪

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

猛暑対策には、鰻と樽酒♪

本日、7月23日は二十四節気の1つ、「大暑」の日。大暑とは、暑さが最も厳しくなるという意味です。厳しい暑さにより、夏の到来を強く感じます。。。

う.jpg

この時期、蒸し暑さに襲われることで体力の消耗が激しくなるため、夏バテ防止のために精力のつくウナギを食べる習慣があります。

それが「土用の丑の日」に鰻を食べるというものです!

夏バテ防止のためにウナギを食べるという習慣が定着したのは、江戸時代中後期になってから。売り上げ不振に悩んだウナギ屋から、相談を受けた平賀源内が「今日は土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝し繁盛したそうです。鰻と樽酒POP.jpg

丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)食べると体に良いとの言い伝えがあり、「うなぎ」が合致したと考えられています。

土用の丑の日に食べられる鰻には"吉野杉の樽酒"がベストマッチです♪


鰻のこってりと甘いタレにも負けることなく、脂っこさを爽やかな香りと味わいで洗い流し、生臭さを打ち消し、旨みを引き出してくれます。

2010年の土用の丑の日は7月26日(月)!
鰻を食べられることがありましたら、「吉野杉の樽酒」と合わせてお楽しみいただけたらと思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

是非是非、お試しくださいませ~♪

営業企画 S.H

choryo 10/07/23

コメントする