奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 「イブ」に留め添え仕込みのお酒です!

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

「イブ」に留め添え仕込みのお酒です!

今年も残すところあと10日・・・。そして、もうすぐクリスマスですね!クリスマスイブに留め添え仕込みを迎えるのは・・・

①sagehuda.jpg

奈良県唯一の奨励品種、「露葉風」を使用した純米酒です!
このお酒がゆくゆくは「稲の国の稲の酒 特別純米酒」となっていきます。

日本酒の仕込みは3段仕込み・・・

「添」「仲」「留」の3段階に分けて、麹・蒸米・お水をタンク内に
入れていきます。こうした方法を「三段仕込み」と呼んでいます。

1日目「添」・・・酒母をタンクに移し、麹と蒸米と水を加えてよく攪拌。
2日目「踊り」・・・酵母の増殖を待ちます。一気に原料を加えると酵母が弱るため。
3日目「仲」・・・添の倍量の原料を加えます。
4日目「留」・・・仲のさらに倍量の原料を加えます。


初添え仕込中です。②tuyuba_sikomi.jpg

この仕込みタンク内にあるモト・麹・蒸米などを総称して「醪(もろみ)」と言います。

③taku.jpg麹と酵母の性格を知り尽くした先人の知恵が生んだ、お酒ならではの独特な
醸造方法で、日本が世界に誇れる醸造技術です★

留め添え仕込みを終えてから、酒質や醪の状態によって異なりますが、
約30日ほどで上槽の時を迎えます。

今から、出来上がりが待ち遠しいばかりです(‐^▽^‐)♪

営業企画 S.H

choryo 10/12/22

コメントする