奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 奈良の米を「奈良うるはし酵母」で醸しました!

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

奈良の米を「奈良うるはし酵母」で醸しました!

明日から始まる「平城京天平祭」で発売の新商品「大和秋津穂」です♪この商品は・・・秋津穂720ml.jpg

奈良県産 アキツホを100%使用し、奈良正暦寺境内で分離された「奈良うるはし酵母」で丁寧に仕込んだ純米酒です!

穏やかな香りに、すっきりとしたキレのある味わいとコクが程よく調和しています。

ネックレスは、奈良県酒造組合統一でして、お米の形にかわいい「ナラノヤエザクラ」イメージが配されています~

 

<奈良うるはし酵母について>

「奈良うるはし酵母」は、日本清酒発祥の地と言われる「菩提山正暦寺」において分離された優良酵母(麹菌が糖化させた糖分をアルコールに変える働きの微生物のこと)のことを言います。 

 

<原料米「アキツホ」について>

奈良県の食用米。長龍では、奈良県南西部の農家様と「契約栽培」を実施。金剛山麓から流れ来る「豊富なわき水」で、丁寧に育てられた米です。そして、「アキツホ」の'秋津'とは、「日本」を意味しています。親種である「日本晴」の「日本」の別称「秋津島」から、その名がつけられたと言われています。

 

<本商品の販売場所>

①平城宮跡・・・資料館南側の「東市・西市」

②ならまち・・・奈良酒造組合アンテナショップ「酒蔵ささや」

 

イベントでは、被災地支援チャリティフェアはもちろん、日替わりで、古都らしい天平行列や和太鼓演奏などのイベントや、こども縁日なども。

ゴールデンウイークには、是非、奈良へお出ましください!

そして、うるはしき古都ー奈良ーの日本酒もお楽しみくださいね♪

 

平城京天平祭 サイト

酒蔵ささや



吉野杉の樽酒 飲める店

稲の国の稲の酒 飲める店

ふた穂 飲める店

広報担当 K.T

 

choryo 11/04/28

コメントする