奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › 本日は、「昇道無窮極」留添え♪

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

本日は、「昇道無窮極」留添え♪

関東方面では、昨日の雪、今朝の凍結とまさしく凍る朝!こちら奈良の平野部でも厳しい寒さと雪がハラハラ舞い落ちるなか、蔵では「昇道無窮極」の留め仕込みを行いました。 120124 ③.jpg

日本酒の仕込みは、「初添え」「踊り」「仲添え」「留添え」と4日間かけ、麹米・蒸し米・水を徐々に加えて仕込んでいきます。

この方法を三段仕込みといい古くは江戸時代から伝承されてきた仕込方法です。

今日はその最終「留添え」の日です!

  120124①掘り作業.jpg甑で蒸した米の堀り上げ風景です(下の方になるとけっこうな力仕事!)。

堀り上げた米が団子状に固まらないようほぐしながら一定温度まで冷却。

ここで登場!

120124②放冷.jpg俗称「おしゃもじ隊!?」これもけっこう後で腕にくるもんなんです。

まさしく一所懸命ほぐしています~。今日は何だか勢ぞろい・・・(見様によればおもちゃの楽器隊にみえないことも?)

 120124④仕込タンク.jpgで、放冷した蒸し米を仕込みタンクまで階段上ってセッセと担いでいきます。

仕込みタンクに入れて、検温しながら櫂入れをして本日の仕込み無事終了♪

蒸し米タンクへ "もうちょと向こう側、ここら辺に入れてくださ~い!"ともろみやさん。

それに応えて重い蒸し米をピッタリの場所へ的中・・・これも一種の技だ~。

120124 ⑤櫂入れ.jpg と、まだありました・・・その後洗い物、甑、機械の掃除手入れをしてようやく仕込み作業終了です♪

手造り酒造り最盛期の広陵蔵よりお届けしました~(^^)                           

<営業企画 S.S>

choryo 12/01/24

コメントする