奈良の蔵元、日本酒メーカー長龍酒造の蔵人の日常や、耳寄り情報をお届けいたします。

英語サイトへ
オンラインショップへ
蔵人日記
トップページ › 蔵人日記 › ロンドン便り♪

蔵人日記

酒造りやイベントの様子、商品の最新情報などを「蔵人」から「皆様」へお届けしてまいります!

ロンドン便り♪

FACEBOOKに届きました、LONDONでのプロモーション活動の様子です!! ・・・こちらは、HYPER JAPAN 2012 Spring という・・・201202london_1.jpg

大きくは日本文化のイベントなのですが、Sake Awards 2012と題し、日本より7つの蔵元さんがこだわりの商品を出展しています。

3日間通じて、お客様より味わいや香り、その商品のストーリーやラベルデザインなど、多くの切り口で評価頂きます。上の写真は、初日の蔵元紹介の様子です。

 

■2日目

201202london_2.jpg

 本日の弊社ブースへの来場者511名! 10時間にわたる長丁場でしたが、本当に多くのお客様に「ふた穂 雄町 特別純米酒 2007年醸造」の熟成された雄町米のふくらみのある味わいと、リッチアロマを感じて頂くことができたと思います。
また、雄町米のストーリーである二本の稲穂がデザインされたラベルに、多くの方が興味を持たれ、非常に高い評価を頂けたと思います。
また、おつまみとして提供している「コンテ」との相性も抜群!
ある奥様には、「UKで一番美味しいお酒ね!」とコメントも頂きました。

 

■最終日201202london_3.jpg

Sake Awardsの結果発表がありました!残念ながら弊社の「ふた穂 雄町 特別純米酒 2007年醸造」は受賞には至りませんでしたが、雄町の熟成したふんわりとした味わいには、多くの英国人の皆様に評価を頂けた事を実感しています。

写真は、ROKAの日本酒ソムリエNatsukiさんによる、長龍酒造のSakeセミナーの様子です。小さいですが、「ふた穂」「吉野杉の樽酒」「爽爽」の全くタイプの異なる3つの商品を丁寧に説明頂き、最も美味しい温度でお客様に試飲してもらいました。プレゼンターのNatsukiさん、ありがとうございました!

 

■勉強会

201202london_4.jpg本日も、ロンドンで弊社商品をお取扱い頂いておりますレストラン様でスタッフの皆様との勉強会を実施させて頂きました!

「爽爽」「吉野杉の樽酒」「ふた穂」の3アイテムを、それぞれに適した温度でテイスティング頂きました。
弊社商品を初めて口にされる方も多かったようで、「爽爽」は、微発泡にごりのすっきりとした甘さと細やかな泡に、「吉野杉の樽酒」は、バランスのとれた吉野杉の香りに、「ふた穂」は、常温とぬる燗での味わいの変化とふくらみのある香りに、それぞれ確認頂きながら試飲していただきました。

スタッフの皆様からも多くの質問を頂き、弊社商品を知って頂く非常に良い機会となりました!

今後とも、引き続き弊社商品を宜しくお願い致します!
皆様、本当にありがとうございました!

H.H

choryo 12/03/01

コメントする