雄町米発祥の地岡山高島の最上級の雄町米だけを使用し、丁寧に醸し上げた後、30ヶ月の低温熟成させ、醸造年度毎に蔵出しするビンテージ純米酒のページです。

英語サイトへ
オンラインショップへ
ビンテージofふた穂
トップページ › ビンテージ of ふた穂 › 2007年醸造 ふた穂 雄町特別純米酒

ビンテージ of ふた穂ブログ

ふた穂のビンテージ情報や使用米の産地の様子などをお伝えしてまいります。

ビンテージofふた穂TOP ビンテージofふた穂TOP      ビンテージofふた穂ブログ ビンテージofふた穂ブログ      雄町米のお話 雄町米のお話     雄町ご購入ページ 商品詳細ページ

2007年醸造 ふた穂 雄町特別純米酒

◆2007年の味わい◆            只今瓶内熟成中

2007年のふた穂は「品格」。きめの細かいなめらかな口当たりと少し甘味すら感じる優しい香り。透明感のある味わいが、やがて旨みへと変化し、さらに磨きあがる品格に期待が持てるお酒。
 まだ残る幼さの中に見え隠れする、育ちの良さ。品格を感じさせるお酒です。  

 

◆2006年米作り・・・高島地区雄町米振興会情報◆
6月上旬~中旬は比較的天候に恵まれていたことから、生育は概ね順調に推移。6月下旬から7月末の梅雨明けまで降雨多く日照少なく稲体は軟弱で、分げつの発生も緩慢。茎数確保できないまま土用干しに入ったところも。8月には高温多日照となり生育は進展。9月はほぼ平年並み。9月下旬以降は平年よりやや高め。


◆2007年酒造り・・・北場杜氏酒造り記録より、ちょっと専門的コメント◆
麹の破精廻りがとても良い。モロミも理想的な放物線を描きながら順調に経過した。 

しぼり中ではシブ味と甘みが残り、熟成に期待したい。しり上がりの酒になったと思う。


◆2007年の出来事◆
 3月東京ミッドタウン グランドオープン

 4月統一地方選挙  

 5月第60回カンヌ国際映画祭で河瀬直美監督の「殯の森」グランプリ獲得。

 7月参院選   

 10月日本郵政公社民営化。(日本郵政グループ)

choryo 08/09/08

コメントする