雄町米発祥の地岡山高島の最上級の雄町米だけを使用し、丁寧に醸し上げた後、30ヶ月の低温熟成させ、醸造年度毎に蔵出しするビンテージ純米酒のページです。

英語サイトへ
オンラインショップへ
ビンテージofふた穂
トップページ › ビンテージ of ふた穂 › 2006年醸造 ふた穂 雄町特別純米酒

ビンテージ of ふた穂ブログ

ふた穂のビンテージ情報や使用米の産地の様子などをお伝えしてまいります。

ビンテージofふた穂TOP ビンテージofふた穂TOP      ビンテージofふた穂ブログ ビンテージofふた穂ブログ      雄町米のお話 雄町米のお話     雄町ご購入ページ 商品詳細ページ

2006年醸造 ふた穂 雄町特別純米酒

◆2006年の味わい◆            好評発売中
2006年のふた穂は「清楚」。雄町米と南部流酒造りのコラボレーションが生む、「柔らかさ」と「上品さ」のバランスが絶妙です。少し若さの残る酸味が力のある余韻を創りだしています。今年のふた穂は、しっかりとした意思を柔和な外見で包み込んで凛とした佇まいを見せる大和なでしこ・・・のような酒です。 ふた穂2size.jpg◆2005年米作り・・・高島地区雄町米振興会情報◆
生育期間全般を通して高温傾向にあったため、茎数は平年並み~やや多い、草丈はやや長めとなった。5~6月晴れの日が多く、降雨がほとんどなかったため、中北部の一部地域では水不足で田植えができなかった。南部の直播栽培で、出芽不良による生育の遅れや不足が多くみられた。出穂後、日照不足。9月6日~7日の台風により脱水による白穂、上位葉の裂傷、穂ずれ等による籾の損傷(変色籾の発生)が見られ、出穂と重なった晩生種で特に被害が激しくなった。


◆2006年酒造り・・・北場杜氏酒造り記録より、ちょっと専門的コメント◆
やや小振りの米が入荷。(自社測定千粒重26.3g)モロミで前半の溶けが思わしくない感じがした。醗酵後半は予定を変え温度をあまり下げず3日、4日長くした。ややアミノ酸が気になったが雄町米特有のふくらみのある味が出せたと思う。


◆2006年の出来事◆
 2月冬季五輪トリノ大会開催   

 5月ジャワ島大地震発生   

 6月改正道路交通法施行  

 7月豪雨  

 11月北海道佐呂間町竜巻被害

choryo 08/09/09

コメントする