雄町米発祥の地岡山高島の最上級の雄町米だけを使用し、丁寧に醸し上げた後、30ヶ月の低温熟成させ、醸造年度毎に蔵出しするビンテージ純米酒のページです。

英語サイトへ
オンラインショップへ
ビンテージofふた穂
トップページ › ビンテージ of ふた穂 › 高島地区より「雄町米」レポート② 雄町米は大きい!

ビンテージ of ふた穂ブログ

ふた穂のビンテージ情報や使用米の産地の様子などをお伝えしてまいります。

ビンテージofふた穂TOP ビンテージofふた穂TOP      ビンテージofふた穂ブログ ビンテージofふた穂ブログ      雄町米のお話 雄町米のお話     雄町ご購入ページ 商品詳細ページ

高島地区より「雄町米」レポート② 雄町米は大きい!

この画像はどちらも同じ雄町米です。左側は苗で植えた田で右側は実蒔き(直接籾を蒔く方法)です。田植え時期がずれた為、このように成育時期の違いによる稲の様子を一目で見ることができます。

直播.gif雄町の粒はとても大きく背も高いので、収穫直前には大きく穂が垂れ下がり、地力の弱い田では倒伏することもよくあり、栽培が非常に難しい酒米です。

雄町の稲穂にはノゲと呼ばれるヒゲのようなものが稲穂の先から出ていて、これは山田錦などには無く、現存最古の原種と言われている「雄町米」や「八反」など、"古くからある品種の稲"に見られる特長なのだそうです♪

choryo 08/10/23

コメントする