日本の文化としての日本酒を後世に伝え、お客さまに感動と喜びをお届けする奈良の酒蔵 日本酒醸造元 長龍酒造株式会社

英語サイトへ
オンラインショップへ
メディア・受賞報告
トップページ › メディア・受賞報告
受賞報告
International Wine Challenge2009(イギリス)
世界最大規模のブラインドワインコンテスト「International Wine Challenge 2009(イギリス)のSAKE(日本酒)部門 」で当社出品酒2アイテムがメダルを受賞いたしました。
古酒の部 Gold
長期熟成酒 月日重ねて

純米酒の部 Commended
ふた穂 雄町特別純米酒
長期熟成酒月日重ねて 特別純米酒雄町
International Wine Challengeについて 
IWCは、1984年に設立された世界で最も大規模なワインのブラインドテイスティングコンテストです。2007年に初めて日本酒部門が設立されました。日本酒部門は 『純米酒』『純米吟醸酒・純米大吟醸酒』『本醸造酒』『吟醸酒・大吟醸酒』『古酒』 の5つのカテゴリ毎に分けられ、 第一線で活躍する400名近いワイン専門家 や日本酒の専門家による「ブラインドテイスティング」にて審査されました。本年は162蔵(359銘柄)が出品し、その中から計 18銘柄が金メダル(金賞)に選ばれました。(賞区分:金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒)
International Wine Challenge
第7回全米日本酒歓評会 2007 JOY OF SAKE(ホノルル)
2007年8月にハワイのホノルルで行われた、JOY OF SAKEホノルル”純米酒部門”で「特別純米酒 雄町」が、金賞を受賞しました。
第7回全米日本酒歓評会 2007 JOY OF SAKE(ホノルル)

昭和55年、奈良県第一号の金賞受賞を果たしてから、通算10回の金賞を受賞しております。

また、平成27年春、おかげさまで社員だけでの酒造りにて、金賞を受賞いたしました。

全国新酒鑑評会
1992年に初出品でゴールドメダル受賞以来10年連続ゴールドメダルに輝き、2002年にはグランドゴールド賞を受賞しました。
※2002年以降出展しておりません。
モンドセレクション 1997